注文住宅が得意な工務店・ハウスメーカーガイド【秦野市・伊勢原市編】

秦野市・伊勢原市で注文住宅建築の依頼先探しを応援!

家族イメージイラスト
HOME » 今ドキ!快適でオトクに注文住宅を建てるための3つのポイント » 太陽光+蓄電

太陽光+蓄電

ここでは、快適な住宅を建てるポイントの一つとして、省エネ住宅について紹介しています。

代表的なものとして、最近注目されている太陽光発電システムと家庭用蓄電池について解説。それぞれ、メリット・デメリットについて紹介しています。

太陽光発電を設置するメリット・デメリット

メリット

太陽光発電の一番のメリットは、日々かかる光熱費を削減できることでしょう。クリーンで無尽蔵に利用できる太陽がエネルギーなので、燃料代がかかりません。余った分は売電してお金を稼ぐこともできます。

最近では、太陽光発電が世の中に出始めてきた頃と比べ、設置費用が安くなってきていることも利点でしょう。さらに、自然エネルギーを利用した住宅設備を設置する際は、県などの行政から補助金が出ることもあって、設置費用もよりリーズナブルになってきました。

設置場所を選びませんし、メンテナンスが比較的容易な点も魅力です。

デメリット

太陽光を利用するので、天候によって発電量が左右されて不安定です。また、夜間は発電できません。

安くなったとはいっても、太陽光発電をするためのソーラーパネルの設置は、まだまだ高いコストがかかるのが現状です。メンテナンスもしていかなければならず、ランニングコストを計算しておかなければなりません。

家庭用蓄電池のメリット・デメリット

メリット

蓄電池は、上記の太陽光発電と組み合わせることで更なるメリットを生み出します。家庭で消費する電力は充分まかなえますから、余った分の電力を売ることができます。また、蓄電池を設置することで、太陽光発電ができない夜間の電力をカバー。購入電力の大幅削減につながります。

災害時や停電時などの非常用電源としても利用可能なので、いざという時も安心。蓄電池に貯められた電力を使える安心感は、災害対策としても有効です。

パワコン一体型蓄電池なら、省スペースで設置OK。すでに太陽光発電を設置済みなら、パワコンを買い替えれば売電量がアップする可能性もあります。

デメリット

容量が小さな場合は、使える電気量がそれ相応になってしまいます。上手に消費電力を計算して使う必要があります。また、蓄電に必要となるリチウムイオン電池は寿命があるため、交換に際してのコストがかかります。

設置するスペースにも注意が必要です。高温多湿の場所はもちろん、逆に低温になってしまう場所も避けたいところ。結露しない環境が必要になってきます。

自然豊かな秦野市と伊勢原市の工務店・ハウスメーカーをリサーチ